MENU

シリコンボール挿入術

ペニスの機能アップを図る方法として、最近、とくに人気が高いのが「シリコンボール挿入法」です。
1つは直径7〜9ミリのシリコンボール(球シリコン、円盤シリコン)を陰茎の背面に3個入れる「トライアングル法」。
もう1つは亀頭直下の周りに環状に入れる「亀頭直下リング法」。
どちらも程よい硬さで安全無害なボールを使用しています。
しかも平常時はほとんど目立たず、勃起するとペニスが逞しさを増すように工夫されています。
いずれも丁度女性のクリトリスやGスポットを刺激する位置に配置します。
よりよいセックスライフを追求される方におすすめです。

■トライアングル法

 

陰茎上部を頂点とし、そこからトライアングル上にシリコンボールを挿入します。

 

特徴

 

  • 施術時間は20分程度です。
  • 入院は不要です。
  • 性交渉は3週間以降になります。

 

 

 

■亀頭直下リング法

 

亀頭真下にリング状に一周シリコンボールを挿入します。

 

九州コムロ美容外科のシリコンボール挿入術「亀頭直下リング法」

 

特徴

 

  • 施術時間は30分程度です。
  • 入院は不要です。
  • 性交渉は3週間以降になります。

 

■その他のパターン

 

他パターンとして陰茎上部に縦列および横列、またはトライアングル状にシリコンボールを集中的に挿入します。