MENU

眠そうな目を暗い印象にみられており、ひどい肩こりと猫背でした。
カウンセリングを受けたところ、眼瞼下垂と診断され施術しました。
ひどい肩こりと猫背が魔法のように解消され、目元がすっきりとし、とても満足しています。

 

何より仕上がりが綺麗で傷口も二重のラインで目立ちません。
以前は『目元が眠そう』と言われ、お化粧も憂鬱でしたが、今は本当に手術を受けて良かったと思っています。

 

眼瞼下垂とは?

眼瞼下垂とは分かりやすく言うと、まぶたがたるんで下がっている状態を眼瞼下垂といいます。眠そうな目や老けて見られたりする症状は『眼瞼下垂』の可能性があります。

 

また眼瞼下垂はまぶたを挙げる眼瞼挙筋という筋肉が弱くなって、しっかりとまぶたが開いていない状態をいいます。目を開けようと常に額の筋肉を使っていると首の筋肉にも負担が掛かり、肩が凝ってきます。そして、片頭痛や猫背になりやすいのです。

 

  • 二重の幅が狭くなり、視界が狭くなってきている方
  • 目尻が下がってきた方
  • 若々しさを取り戻したい方
  • 上まぶたにたるみがある方

 

美容整形では『眼瞼下垂』の診断と簡単な操作で、その場で肩こりと猫背が解消できる方法(眼瞼下垂)を体験できます。

 


パラレルクイック法

目の表情が変わると顔全体の表情まで変わります。
まぶたの脂肪が少なく、二重まぶたのクセがつきやすい方向きで、一般に「メスを使わない方法」としてどこのクリニックでもポピュラーに行われています。

 

手術方法は希望のラインにマーキングした後、上まぶたの表側と裏側を縫合し、結び目を皮膚の下に埋め込みます。
縫合する糸は髪の毛より細い糸を使用し、皮膚の中に隠れるので、傷跡は殆ど目立ちません。
手術時間も10分程度と短時間で済むので、中にはお昼休みを利用して来院される方もいらっしゃいます。

ミニマムカット法

腫れぼったいまぶたの原因となるものが脂肪ではなく皮膚組織自体が厚い方や、他院で埋没法を行ったが外れて元に戻ってしまった経験のある方にお勧めの方法です。

 

 

 

埋没法が、皮膚と瞼板(けんばん)を点と点で合わせるだけに対して「ミニマムカット法」は外れる原因となる眼輪筋を一部処理し、引き寄せ二重のラインをしっかりと固定。

 

つまり面と面での癒着を起こさせることにより、ラインが消えてなくなることもない方法です。
埋没法で取れてしまった後、切開法の適応と診断され躊躇している方でも、「ミニマムカット法」の開発によりわずか7ミリ程のカットで傷跡が目立たない自然な二重まぶたが可能になります。

眼瞼下垂修正法

元来目の小さい方が、二重まぶたにする手術を受けても目の縦幅自体に劇的な変化はおこり得ません。
目が小さい原因の1つに「眼瞼下垂」が考えられます。
これは眼瞼挙筋というまぶたを引き上げる筋肉の働きが弱い為に起こる症状で、放置しておくと肩凝りや頭痛、弱視の原因となります。

 

現在、眼瞼下垂の修正法として眼瞼挙筋を縫縮する方法が一般的ですが、その際にまぶたを持ち上げるのを補助するミューラー筋をカットするため、腫れも重度に生じお客様の負担も大きいという事が欠点でした。

 

しかし美容整形では従来の方法を用いず、眼窩隔膜を利用するという方法で対応いたします。
この方法は、短時間で済む上に大きな効果が期待できます。
眉毛を上げて上を見るクセのある方や、瞳孔に上まぶたが被さっている方は眼瞼下垂の可能性がありますので、まずは無料診断をお受け下さい。

 

 

眼瞼下垂修正法口コミ

 

瞼が下がっていてよく周りから「目元が眠そうだね・・」と言われてました。
「カウンセリングで肩こりや頭痛の原因が判明。」

 

、一度カウンセリングを受けることにしました。

 

そこでまず言われたのが、「肩こりや頭痛などがあるでしょう?」と指摘されました。私は昔から肩こりと頭痛に悩まされてきたのですが、その原因が眼瞼下垂だったのです。 手術をすれば目元の印象だけでなく、肩こりや頭痛、姿勢までも良くなると聞き手術をすることに決めました。
「納得いくまで話し合えた。手術の不安も医師やスタッフが優しくフォロー 」

 

手術当日、少しの緊張がありましたが先生やスタッフに優しく声をかけてもらい安心して手術を受けることが出来ました。また、仕上がりなど事前に納得いくまで話し合える点で、手術に対しての不安を拭ぎさる事が出来ました。
手術の間は、初めに麻酔をする際のほんの少しチクッとした痛みだけで後は手術が終わるまでの約1時間半、痛みを感じることはありませんでした。

 

術後1週間は腫れがありましたが、今回は眼瞼下垂を治す為に挙筋を短縮していることや余分な瞼のたるみも取ってもらったので覚悟はしていました。仕事中などはメガネをかけてカモフラージュをしていたので、気づかれなかった方もいたみたいです。しかし抜糸をしてからは腫れも引き、だんだんと気にならなくなりました。
「本当に手術を受けて良かったです!」

 

現在、術後3カ月が経ちますが今では腫れも全く目立ちません。肩こりや頭痛がなくなって体が軽くなった気がします。また、何より仕上がりが綺麗で傷口も目立ちません。本当に手術を受けて良かったです。


保健診療による眼瞼下垂と美容整形の眼瞼下垂修正術の違いについて

 

保健診療で行う施術は、眼瞼下垂という病気を治すことを目的としています。
一般的には、伸びてしまった挙筋腱膜を切除しまぶたを吊り上げる術式が用いられます。
あくまでも病気を治すための施術なので、仕上がりについての美的センスは求められません。
美容整形で行う眼瞼下垂修正術は、二重の幅をご希望の幅に変えたり、タルミを改善し美しい目元にするなど、眼瞼下垂を修正するだけでなく美的要素にも重点を置いた施術を行います。
また、目元の美しさだけでなく、重度の肩こり、片頭痛、猫背なども改善され心身ともに健康な状態になれるのです。

 

美容整形には、肩こりでお悩みの方も多く来院されますが眼瞼下垂修正術を受けられた方は、皆さん「肩こりも改善されたて、うれしい!」という言葉を多くいただいております。

切開法

45才以上の方で「上まぶたが垂れ下がってきた」と感じる方や、実年齢より老けてみられる方にお勧めの方法です。 手術方法は目頭から目尻までまぶたに沿って弛んだ皮膚を除去し、上まぶたに脂肪があれば取り除き以前のような張りのある若々しい目元をめざします。

 

切開法

 

■上眼瞼切開法(上まぶたのたるみ取り)

 

年齢と共に下がってくる瞼のたるみをハッキリとした二重まぶたに。
下まぶたの脂肪ではなく皮膚自体が弛んでしまうと疲れた印象になり老けて見られる傾向があります。弾力がなくなり目の下が弛んできたら伸びてしまった余分な皮膚を切り取ってまぶた側で縫い合わせます。 この方法により、はつらつとした印象になります。

 

施術料金例:324,000円

 

 

 

上眼瞼切開は、切除しすぎると取り返しがつきません。切除範囲を広くすると二重がくっきりとしますが、あまりやりすぎると不自然な仕上がりになります。私がお薦めしているのは、10〜20歳を目安に若返っていただくことです。

 

 

 

 

 

■下眼瞼切開法(下まぶたのたるみ取り)

 

年齢を感じる目の下のシワ、たるみも目立たなく。

 

施術料金:324,000円

目尻切開法

目頭切開は蒙古ひだを解消するために行いますが、目尻切開はたれ目やつり目、そして小さい目を解消するために行います。目尻は加齢に伴って垂れ下がってきますが、これを元に戻すことで、若々しい目元に、そして切れ長で大きく優しい印象の目を作ることが出来るのです。

 

しかし目尻切開を行えるクリニックは決して多くはありません。目頭切開に比べると施術が難しいからです。
おそらく目頭切開を行っているクリニックの数に対して、目尻切開を行っているクリニックの数は1/10程度だと思います。もちろん美容整形では目尻切開も行えます。

 

なぜ目尻切開が難しいのかといえば、目尻では上まぶたと下まぶたの皮膚が重なり合うぐらい接しているからです。また眼球側の「眼球結膜」とまぶた側の「眼瞼結膜」が目尻の内側部分でつながっていることも、施術を難しくする要因になっています。さらに目頭に比べて血行が良くないため、切開した部分が目立たなくなるのに時間が掛かるという問題もあります。

 

それでは目尻切開には、どのような方法があるのでしょうか。大まかにいうと「単純切開法」と「W法」があります。 単純切開法は、目尻部分の上下の皮膚をそれぞれ三角形に切除し、縫合するというものです。この方法は切開線が目立ちにくいというメリットがあります。

 

この施術でポイントになるのは、切除部分を可能な限り広く取ることです。中途半端に行うと、切開した部分が炎症を起こし、癒着する危険性があるからです。しかし切除部分を広く取るには、目尻の内側(外から眼球が見えるエリアの端の部分)から、眼球結膜と眼瞼結膜がつながっている部分までの隙間が、十分にあることが必要です。もしこの隙間が1mm以下の場合には、単純切開法は避けた方がいいでしょう。

 

これに対してW法はこの隙間がなくても行うことができ、大きな効果が得られる施術です。具体的な方法は前回の「目頭切開」で紹介したW法とほぼ同様です。目尻の皮膚の一部を三角形に切除し、残った皮膚を移動することで目尻を「開く」わけです。

 

ただしW法は切開箇所が比較的大きくなるため、切開線が残った時に目立ちやすいという問題があります。前述のように、目尻は目頭に比べて血行が良くないため、切開線が残ることもあります。

 

このように目尻切開は非常に難しく、高度な判断とテクニックが要求される施術です。加齢などで垂れ下がってきた目尻を修正することで、若々しくイキイキとした目元になりますが、実際に施術を行う場合にはぜひ経験豊富なドクターに任せていただきたいと思います。

下眼瞼脱脂

 

下まぶたは加齢によって膨らみ、垂れ下がってシワができやすくなります。このような膨らみを「眼袋」といいます。眼袋ができて垂れ下がっていくと、お顔の表情も「歳をとった」感じになります。このような症状を治す施術のひとつが下眼瞼脱脂です。

 

それではなぜ下まぶたが膨らみ、垂れ下がって行くのでしょうか。それは眼の構造に関係があります。

 

眼球は頭蓋骨にある「眼窩」という窪みに収まっており、その上をまぶたで覆われています。頭蓋骨の上に直接乗っている筋肉は比較的厚いのですが、眼窩の上を覆っている眼輪筋は薄い筋肉です。眼輪筋の下には眼窩隔膜があり、さらにその下には脂肪があります。図にすると下のようになります。

 

眼球は重力の影響によって、寝ている時以外は常に下向きの力を受けています。眼球が下向きの力を受けると、その直下にある下まぶたの脂肪が押され、前に押し出されます。この力が眼輪筋や皮膚に加わることで、眼袋が膨らんでいきます。重力の作用で発生する症状なので、横になった状態では眼袋はフラットになります。眼袋が膨らんだ方でも、横になると若く見えるのです。

 

眼袋の膨らみは、20歳頃から始まります。それが加齢と共に大きくなり、40〜50代になると膨らみが下半分に集中し、下まぶたの中央部分に横方向のシワが刻まれます。このシワが1本入ると、その後はどんどんシワが増えていくことになります。

 

このような症状を早い段階で解消するための施術が下眼瞼脱脂です。施術方法は大きく分けて2種類あります。経皮法と経結膜法です。

 

経皮法は、下まつげの直下を横方向に1cmほど切開し、そこから押し出されてくる脂肪を除去するというものです。脂肪を除去した後は、黒ナイロン8-0という極めて細い糸で縫合し、3〜5日後に抜糸します。コムロ美容外科・歯科では20万円で行っている施術です。

 

経結膜法はもう少し手の込んだ施術で、下まぶたを裏返し、下眼瞼結膜を切開して脂肪を取り除きます。縫合には吸収糸を使用し、抜糸は行いません。費用は25万円と、経皮法に比べれば若干高いのですが、切開部分が表から見えないので、基本的にはこちらをお勧めしています。

 

下眼瞼脱脂を行う上で重要なのが、眼袋が膨らみ始めたらできるだけ早期に施術を行うことです。早いうちに脱脂しておくと、その後の進行を抑えられるからです。最初の段階では下の写真のように、下眼瞼下部にへこみができ、クマが出たように見えるはずです。この段階で施術するのがお勧めです。

 

上眼瞼脂肪注入

上まぶたがくぼんでしまうと実際の年齢より老けて見られがちです。 そこで若々しさを取り戻すためにご自身の脂肪を注入し、まぶたのハリを蘇らせるのが上眼瞼脂肪注入法なのです。くぼみを解消し、ハリのあるきれいな目元を創り出します。
特徴

 

1.ご自身の脂肪を吸引後、血液や繊維組織などを除去し、コンディションを整えた脂肪細胞のみを少しづつ注入。まぶたの形をふっくらと自然に整えていきます。

 

2.気になる目尻のシワなど、他のシワ取り注入術を併用することで、より効果的に若々しい目元へと生まれ変われます。

 

 

くぼんだ上まぶたによる暗くなりがちな印象を解消し、明るくハリのある目元を演出。

 

 

自然で健康的な表情になり、若々しい印象。

涙袋形成術

張りのある下まぶたで目元に輝きを与えるのが涙袋形成術です。手術方法は下瞼の筋肉を利用して丸めながら丘を作っていきます。異物を挿入する術式ではないので、後遺症の心配もほとんどありません。

 

お客様のまぶたの状態によってアプローチ方法が異なる特殊な手術なので高い技術が要求されます。 美容整形では直接カウンセリングで、まぶたの状態やお顔の雰囲気などを含めて診断いたしますので安心して受けて頂けます。
特徴

 

1.下まぶたの筋肉を利用するので、異物挿入がなく安全です。

 

2.カウンセリングでひとりひとりのまぶたの状態にあったアプローチ方法を決定します。